Twitter

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

模型・プラモデル マクロス

機首だけでお腹いっぱい

0001VF-25“私の歌を聴け!ver(仮)”、とりあえず機首のみ2つ作ってみました。アンチグレアが成型色で塗り分けられてるのに驚きつつも、天面および左右のVFSが再現されてなかったり、機首左右にあるエッジをどうするか?など、機首部分見てるだけでも今後の手間の膨大さが予想されて溜息ロカビリー...。

ちなみにVFCとは『マクロスプラス』のYF-19から装備された、「Vortex Flow Controler(渦流制御器)」とのこと。
機体表面に微量のガスを噴射して気流に渦を発生させ、負圧により機首の動きを制御する装置です。

モデルグラフィックス誌のVF-25ファイター特集では「姿勢制御ノズル」と書かれたり(確かにそう拡大解釈出来なくもないが...)、Waveのクリアパーツを貼られてセンサーみたいにされてる作例も見かけますが、アレ間違いですから...。

次回ディケイド、本物の声のホッパー兄弟に続き、タイガまで…
写真見るとファイナル・ベントしてるように見えるが...オルタナティブ・ゼロ登場希望。

遠藤周作「沈黙」の米映画版に豪華キャスト マーティン・スコセッシ監督が10年あたためた意欲作
マーティン・スコセッシ監督×遠藤周作『沈黙』だなんて企画自体初めて知りましたが、いかにもスコセッシ監督らしい重厚な作品だし、それに加えてダニエル・デイ・ルイスやベニチオ・デル・トロやガルシア・ベルナルといった、ベタベタに濃い~演技派の重要なキャストが出るかもしれないなんて、とても楽しみです。
で、この人達が出るなら、『ギャング・オブ・ニューヨーク』のようにエンディングにU2が流れるのも似合うと思うんだけど...どうッスか?

銀河歌姫来宅

0001プロショップ限定のクリア版VF-25を予約していた喜屋さんから、バンダイのキャンペーン用シェリルのスコードロンデカール(痛バルキリーとか言うな! 笑)が入荷した旨ご連絡頂いてたので、会社帰りにさっそく引取ってきたです。

う~む...昨年秋のランカ版デカール以来待望のシェリル版デカールだし、先日のライブの高テンションのまま制作したいところだけど、せっかくザブングルとかボトムズとか渋い所に目が向いてるのになぁ...
でもこんな面倒なプラモ、モチベーション高い時期じゃないと完成させられないのも間違いないしなぁ...
明日また対応考えます(笑)。

◆May'n Act最終日、ゲストに“熱気バサラ”が...
昨日行った人たち羨ましス。『突撃ラブハート』聴きたかったなぁ...。DVDには収録されると嬉しいなぁ。

◆全国映画概況発表会見で、「仮面ライダー電王」新作発表?
以前ネットに出た『超・仮面ライダー電王&ディケイド』ってこのことだったのか...昨年春の「電キバ」で一応の成功が見られたので、今春も当然ライダー枠を用意してたんだろか??良太郎は連ドラ出演中なのでまた孫中心だとは思いますが、逆に言うとキバはそれだけ総じて業績低かったんだろうなぁ...。