Twitter

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

特撮・SF

一筆奏上セラカンナ

3連休の1日目・2日目は勉強漬けだったので、祝日の今日は何処にも行かず家でゴロゴロしとりました。
ジムとか行くつもりだったけど、東京では雪がちらついたくらい寒かったし...。

で、HDDに撮り貯めた番組観ながら今日もギラ・ズール。

0004_2

プロポーションは全く改造しないものの、ユニコーンの年代のネオジオンのMSはデザイン上、装甲の厚みが目立つ箇所が結構あって、そのまま組むとオモチャっぽさが目立つ気がするとです。
なので、上記のようにセラカンナで薄々攻撃しながら丁寧に工作しています。いかにもセンチネラーっつうか長年のMG誌愛読者らしい工作ですが(笑)、どうしても気になるんですヨね...こういう箇所が。

さてその撮り貯めた番組の中に、日曜朝の『侍戦隊シンケンジャー』があったのですが、年明けからの2回分観て正直ビックらこいたwobbly この番組、レッドは志葉家十八代目当主っつう家計の「お殿様」で、他の4人はその「家臣」という、明確なヒエラルキーがあるのが斬新でオモロかったのですが、そのシンケンジャーも最終回間近で佳境を迎えてるわけです。

で、ビックリしたのは、そのお殿様であるレッドは実は本物のお殿様ではなく、なんと影武者だったってことが判明...。
本物の当主は別に居たお姫様で、レッドは落ち込んで放浪し、4人の家臣達は侍ゆえに主従を重んじて姫様に協力するものの、これまで仕えてた殿を失って悩むという...1年近く続けてた番組の基本設定をいきなり壊す展開にただもう唖然としたわけです。主人公は1年近くウソついてたことになるわけッスから。

メインライターの小林靖子さんは、『未来戦隊タイムレンジャー』ではタイムファイヤーを、そして『仮面ライダー龍騎』では主役の龍騎ことシンジ君を最終回の1週間前にあっけなく殺してしまったり、『仮面ライダー電王』では逆にコメディーな仮面ライダーを描いたり...と、東映ヒーロー物の脚本家のなかでも特に個性的なホンを書く人なんですが、まさか最後にこんな爆弾投下するとは思わんかった…。

でも、影武者って設定とか、女の子がいきなりシンケンレッドになってロボ操るような展開になって、
メインターゲットのお子様達が理解して楽しんでるとは思えんのだけどなぁ(笑)
まぁシンケンジャーなんてもうどうでもよくて、お子たちは次のゴセイジャーとか新ライダーとかに興味津々なんでしょうがw

Wな週末 | Muhnnyはそれを我慢できない

特撮ヒーローはどっちかっていうとウルトラマン派ですが、今やってる『仮面ライダーW』は普通のドラマ同様に毎週ハマってみてます。昭和ライダー世代の自分が観ても久々にカッコいいと思うのは勿論、ドラマとしてホント面白いッス。
『探偵物語』とか『俺たちは天使だ!』といった往年のライト・ハードボイルドドラマへのオマージュ的な世界観とか、敵側の園崎家とかホントに面白くて、毎週日曜朝を楽しみにしとります。
ちなみにお気に入りは若菜姫。毎週ちゃんとネットラジオも聴いとるですよ


ってなわけで先日の土曜の朝、映画『仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイドMOVIE大戦2010』を観て来まして。
で、翌日の日曜夜は渋谷CCレモンホールまで、Wのスペシャルイベント行ってきました。
0001

続きを読む "Wな週末 | Muhnnyはそれを我慢できない" »

ゴルゴムの仕業だ

劇場版連動で、まさかの倉田てつを本人登場の、来週のディケイド。

Black

てつをって自分より1歳しか変わらないのですヨ。
仮面ライダーBlack放送時「あぁ...遂に同世代のライダーが出たか」とか思ってました。
なのでクッキリ法令線が出て野太い声になってる改造人間・南光太郎はちとショックですw

続きを読む "ゴルゴムの仕業だ" »

GW東宝チャンピオン祭り

連休に入ったと思ったら、また風邪こじらせまして。先週喉痛めたまま扁桃腺が腫れたようで、昨日あたりから空咳が止まらず…。寝てても咳き込むし、家族にも迷惑かけるので今日内科行ってきたです。
これを機会とゆっくり休めと囁くのよ、私のゴーストが。


さて昨日・今日の午後は近所の読売ランドのグリソムギャングまで行って、往年の東宝特撮映画鑑賞。

S0001
昨日は、昭和29年の『ゴジラ』観賞後、中島春雄さん(左)と加藤春哉さん(右)をゲストに、東宝黄金時代の思い出話をお聴きしました。溝口健二監督や黒澤明監督といった“天皇”と呼ばれた大御所監督の仰天エピソードや、三船敏郎さんや原節子さんら伝説の大スター達の微笑ましい話など、寝食を共にされた方々ならではの身近な話ばかりでとても貴重な体験でした。

あ、この中島さんはご存じの方も多いかと思いますが、『ゴジラ』から『ゴジラ対ガイガン』まで、ゴジラのスーツアクターを務められた方です。「目の前に居るこのがっしりしたお爺ちゃんが世界のゴジラ??」と正直違和感持ちながら聴いてたのですがw、会話の端々に現れるプロ意識は半端でなく、仕事人としてもお話聴けてよかったなぁと思ったです。

0001
2日目の今日は、『地球防衛軍』観賞後、ゲストは平田昭彦さんと並ぶ「ミスター東宝特撮」佐原健二さん。
ナマで見るのは初めてでしたが、TVや映画館で見たまんまのダンディな方でした。

0002
佐原さんは14日で77歳の誕生日をお迎えになるそうで、そのお祝いも行われました。
それにしても若い!目力もスゴいし、握手してもらった時の手もがっしりしとりました。

佐原さんっていうと、ボクは世代的に東宝映画スターというよりは、『ウルトラQ』主役の万城目淳や『ウルトラセブン』のタケナカ参謀のイメージがやっぱり一番強いんです。サイン頂いている時「メビウスで同じタケナカを演じられた時どんなお気持ちでしたか?」とかお聴きしたんですけど、「いや~それは嬉しかったですよ」と優しく微笑んでいらっしゃいました。
あぁ、オイラもこんなカッコイイお爺ちゃんになりたいッスよ。


ボク、生まれて初めて観た記憶に残っている映画が、東宝チャンピオン祭りの『キングコング対ゴジラ』なんです。
確か日比谷で観て、帰りにデパートの食堂でお子様ランチ食べたような...。劇場に入った時、ちょうど北極でゴジラが復活するシーンで、東宝シネマスコープの横長の画面いっぱいに氷山から現れるゴジラのでっかい姿、今でもよく憶えています。
今回そのゴジラに入ってた中島さんや、出演されていた佐原さんに目の前でお目にかかれてサインとかまで頂けて、なんかとっても幸せな気分でした。


あ、模型作ってますよ。特に、GWはクルマ作るって毎年何故か決めとります。今年はコレ。
0001_2

このキット、スライド金型を使用しているので、このGT-Rの特徴であるボディ各所のエッジも見事に再現してるんですが、スライド金型の弊害として、こんな感じで↓思わぬ所にパーティングラインがあるんですよね。だから指で慎重になぞりつつ、丁寧に整形中です。ヤスってる途中でエッジを殺さないよう、Webで写真チェックしながら、とにかく慎重に磨いとります。
0002_2

「あぁ、ねむた~い」

…っていつも最後にいう、なすび被ったあらびきパフォーマーのヒトのマネを思わずしてしまうくらい、眠いです。
今日から仕事始め。休み中いつも頭の片隅で仕事のことが気になってたものの、やっぱり朝早く起きるのは辛かです。

今日社内のセブンイレブンに行ったら、飲料コーナーに平成仮面ライダー達のデフォルメ・フィギュアがズラ~っと並んでまして。
「あ、そういやぁ“セブンイレブン 平成仮面ライダーフェア”って、キバでCMやってたなぁ」と思い出したんですが、棚に並んでるライダーが響鬼サンや剣ばっかりなのに涙(笑)

0001

そりゃ響鬼サン2頭身になっても全然愛嬌ないけどサ、僕は今でも一番好きなのになぁ...。
未だにSIC展会場限定の、本物同様のマジョーラカラーのSIC響鬼サン、部屋に大事に持ってるし。

余談ですが、歳のせいなのか知らないけど、一言メッセージもない「プリンターで印刷したまま」の年賀状を
ここ数年で目にすることが多いのは何故だろう??

僕宛てに書くことないから?一言書く時間もない“働き盛り”だから?

仕事でマナーや礼儀作法に触れる機会があるからだろうけど、なんか気になるんですよね…あの出す意味もない年賀状達。

中日・落合監督がガンダムからマクロスFに浮気、「これ面白いな。歌もいい」(東スポ)

ス、スゲェ話ですが、そもそもガンダムNGなのにマクロスはOKなんですか(笑)

年末は、東宝特撮映画と決まってる。

ガンダムシリーズに出てきた軍隊は数多くあれど、カタロンのMSパイロットにだけはなりたくないなぁ...
と、ダブルオーライザーの登場タイミングがまるでSEEDみたいでイタいです。
以上、ガンダム00 ♯13「メメントモリ攻略戦」所感。


さてゴジラの新作が毎年封切られていた頃から、僕の年末は東宝特撮映画鑑賞に決まってます!
昨日はよみうりランド近くのシネマバー グリソム・ギャングまで、『海底軍艦』を観に行ってきました。

ゲストは本編班のチーフ助監督だった梶田興治さん(左)と、特撮班のチーフ助監督だった中野昭慶さん(右)。
Pap_0044

続きを読む "年末は、東宝特撮映画と決まってる。" »

平成ウルトラファイト

昨日からBS11でOAされた、
『ウルトラギャラクシー 大怪獣バトルNEO』第1話を観たんですけど...

▼ちなみにYpuTubeでも無料配信されとります。

大怪獣バトルNEO

…酷くないッスか? この作品、東宝ビルドも無くなり、制作スタッフも刷新された円谷新体制での第1弾作品でもあるんですが、 なんか怪獣の着ぐるみや所作が安っぽすぎて、観てて悲しくなりました。 コレも「経営努力」なのかなぁ… CG頑張ってるのは判るけど、肝心のスーツアクトが迫力不足なので、 なんか悪いケーススタディを見ているようでついビジネスモードで洞察してしまう自分がいます。 カプセル怪獣としてミクラスもでるので、飼い主でもある“あのウルトラマン”が出るのでは!? と期待してもいたんだけど、なんか空しくなるので来週からスルーすることにしました。