Twitter

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 「岡田ジャパン 予選突破できると思う?」だと? | トップページ | 2010 »

Wな週末 | Muhnnyはそれを我慢できない

特撮ヒーローはどっちかっていうとウルトラマン派ですが、今やってる『仮面ライダーW』は普通のドラマ同様に毎週ハマってみてます。昭和ライダー世代の自分が観ても久々にカッコいいと思うのは勿論、ドラマとしてホント面白いッス。
『探偵物語』とか『俺たちは天使だ!』といった往年のライト・ハードボイルドドラマへのオマージュ的な世界観とか、敵側の園崎家とかホントに面白くて、毎週日曜朝を楽しみにしとります。
ちなみにお気に入りは若菜姫。毎週ちゃんとネットラジオも聴いとるですよ


ってなわけで先日の土曜の朝、映画『仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイドMOVIE大戦2010』を観て来まして。
で、翌日の日曜夜は渋谷CCレモンホールまで、Wのスペシャルイベント行ってきました。
0001

映画。
Wの「ビギンズナイト」のエピソードが予想外に良く、夏のオールライダー対大ショッカー』よりずっと中身があったと思ったです。
正直ディケイドの完結編は要らんかったんじゃないか?とも思ったけど、あの並行世界の設定がラストシーンで活きるので、まぁいいか。

それにしても“おやっさん”役の吉川晃司カッコよかったなぁ。
第1話の冒頭でいきなりおやっさん亡くなってるわけですけど、まさか第1話の前にあんなことがあったなんて思わなかったし、フィリップという名もまさかフィリップ・マーロウから採ってたなんて、1話から『長いお別れ』等の本が登場してたにも関わらず予想もしてしなかった。


イベント。
鳴海探偵事務所の封筒もろた。2時間少々で、こんな内容でした。
0002

◆ライダーショー:鳴海探偵事務所にやって来たお人好しなスーパーショッカー戦闘員をWが助けるっていう劇場版連動話。
敵はビギンズナイトのデスドーパント+仮面ライダースカルに加え、スーパーショッカーのザンジオー+ジャガーマン+戦闘員の皆さん。
Wは基本サイクロン・ジョーカーで戦いながら、ステージ下手に下がると「ルナ!トリガー!」の効果音と共にルナ・トリガーにメモリチェンジして登場する(要するに下手にもう1人、W役のスーツアクターが隠れている)など、なかなか凝ってたです。最後にデスドーパントが「続きは映画で~」と言って逃げたのにワラた。

◆キャスト・トークショー①:主演の鳴海探偵事務所3人+ウォッチャマン+サンタちゃん+真倉刑事。サンタちゃん役の腹筋善之介の効果音芸を生で観れたのも、10年くらい前に劇団惑星ピスタチオを観た時以来だ。
◆『園崎若菜のヒーリング・プリンセス』公開収録 : 若菜姫の舌打ちが生で観れた(笑)
◆キャスト・トークショー②:園崎姉妹+妙にノリノリな霧彦さん
◆スペシャルライブ:挿入歌3バンド→若菜姫→上木彩矢&TAKUYAの主題歌→キャスト再登場&挨拶

「さぁ、お前の罪を数えろ!」とかいろいろ名台詞も生で観れましたが、やっぱり若菜姫の初ライブですよ。
劇中で流れた『Naturally』自体、いかにも中田ヤスタカプロデュース風なテクノポップで笑っちゃいましたが、今回女性ダンサー2人連れて、3人でMIKIKO先生っぽいカクカクした振り付けで踊る姿はどう見ても...(笑)。
しかも2番終えて間奏時に手を振りながら上手に一旦下がったら、まさかのクレイドール・ドーパント(に変身して)登場! 発光しながら、あのアッガイみたいな手を振りながら軽やかにやかに踊ってる姿に吹いた。

このイベント自体来春DVDになるみたいですが、この曲のライブ映像だけでも観る価値あると思うッス。
会場は(若いママを含む)結構若い女性が6割以上だったような...いや、ホントオモロかったです。

ちなみに自分、WIND WAVEのロゴ入りマグカップを筆入れに使っているのダw
0003

« 「岡田ジャパン 予選突破できると思う?」だと? | トップページ | 2010 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

特撮・SF」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46710/47094961

この記事へのトラックバック一覧です: Wな週末 | Muhnnyはそれを我慢できない:

« 「岡田ジャパン 予選突破できると思う?」だと? | トップページ | 2010 »