Twitter

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 人生初レミゼ | トップページ | 『劇場版マクロスF 虚空歌姫』観てきた »

マイケル・ジャクソン『THIS IS IT』2周目

先週金曜日、会社帰りの足でそのまま『THIS IS IT』の最終上映を観てきました。

事前にネット予約してたものの、まず劇場の混み具合にビックリ。
多摩センターのワーナーマイカル、オープン以来こんなに混んでるのオイラ見たことないよgawk
座席も完売で、急遽追加公演!ってことで深夜に再上映が決定されてるくらいです。

0001

満員の客層は若い子も多かったですが、やっぱりアラフォー率高し。
みんな、マイケルの姿を最後に目に焼き付けたかったんだろうねぇ~(含むオイラ)。

前回観た時はもう圧倒されっぱなしで魂持ってかれてたみたいな印象しか残っておらず、
2回目でようやく少しは冷静に観られたとです。

個人的には映画前半、この『Human Nature』をアカペラからどんどん本気出して熱唱し出すシーンが一番好きです。Human Nature、昔から大好きな曲なのでこんなに再現してくれるとは思ってなかったので。
余談ですがマイケルって自分の美意識で発音まで変えちゃうじゃないッスか。例えばBADの“Come On!”を“シャーモォン♪”にしちゃうとか。この曲のサビの“Human Nature”も何度聴いても“シューモアネイチャー”にしか聞こえませんが、そんな所も含めてこの曲は好きです。

でもなんていうか...。
どんな人にでもこの世に与えられた使命ってやっぱりあると思っていて、それは先日『天地人』の最終回を観た時も思ったのですが(話すと長くなるので時間があれば後日書きますが)、マイケル・ジャクソンって人はそれを真摯に生き抜いた人だったんだなぁと印象を持ちました。

この映画はステージで上映予定だったフッテージを除き、本来は殆どが彼のプライベート映像です。
先述の通り完璧主義者であるマイケルはリハーサル時の自分の姿を見せるようなことは生前なかったので(隠し撮りみたいな奴はありますが)、この映画自体、本来は彼のプロフェッショナルリズムから外れると思います。

然し50才直前のマイケルが実はあんなに(まだ本気出してないとはいえ)歌って踊れる状態で、スタッフやダンサーにどう真摯かつ優しく接していたか?はこの映像が遺されていたことで、僕らはようやく理解出来たわけです。
特にラストの彼のスピーチシーンが顕著で、あの言葉を聴くだけでもマイケルがいかに人間として真面目で暖かい人だったのか?がボクらや後世の人達はよく理解がよくすることが出来るワケで、この映像が死語遺された縁の不思議ささえ感じました。
で、あの場面のラストに「MAN IN THE MIRROR」のイントロが被るところで、「あぁこの人もうやっぱり観れないんだなぁ」と思い、寂しくて泣かされてしまいました。


...という映画の余韻も打ち消すかのように、今朝PC立ち上げたら早速来年1月の報が(笑)
TシャツとかまたいろんなモノをSONYが商魂逞しく付けて売るBOXに煽られるファンも多いのでしょうが、
自分は映画でちょっとだけ出てきたスリラーとスムーズ・クリミナルのクリップ全編観たいので、Blu-Rayを予約したです。BDにしては安いし。

« 人生初レミゼ | トップページ | 『劇場版マクロスF 虚空歌姫』観てきた »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46710/46890590

この記事へのトラックバック一覧です: マイケル・ジャクソン『THIS IS IT』2周目:

« 人生初レミゼ | トップページ | 『劇場版マクロスF 虚空歌姫』観てきた »