Twitter

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 「ガンダム30周年に一言」と言われても… | トップページ | マイケル・ジャクソン『THIS IS IT』2周目 »

人生初レミゼ

今晩初めて『レ・ミゼラブル』観たとです。

0003

ちなみに今夜の回のメインキャストはこんな方たち。

0001

エボニーヌ役の坂本真綾の生歌が聴きたかったのは勿論ですがw、
主役のジャン・バルジャンはハムの人。
ファンテーヌは山崎努さんの娘さんの山崎直子さん、その娘のコゼットは神田沙也加。
神田沙也加、意外にもと言っちゃあ失礼なくらい歌うまかった...やっぱお母さん譲りなんだなぁと。

ユーゴーの『あぁ無情』が原作なことくらいは知ってたものの、小学生の時『あぁ無情』の序盤の暗さに着いていけなくて途中で読むの挫折した経験ありましてw、なんでこんなにも上演されるのか全く判らなかったんですが、いやぁ~ホントによかったです。


開演時間ギリギリに帝国劇場入ったら、オーケストラが各々の楽器の音合わせをしており、もう放課後の吹奏楽部の部室から流れてる音状態。で、開演後暗転したら真ん前のオジサンにだけうっすらスポットが当たっており、「なんであそこ消さないのかなぁ」と思ったら、いきなり指揮し始めて舞台下からオーケストラの演奏が始まったのに更にビックリ...ってな具合で、オイラホントにこの舞台の予習してこなかったのです。
各ソロの名曲が終わる度に、まるで歌舞伎の「何々屋~」状態で拍手が起こることさえ知らんかったし...。


ただ原作以上に場面展開が早く、グングン芝居に引き込まれてしまい、3時間の舞台はあっという間でした。

もうラストはオイラも泣いたです。
ボクはまだまだ思いやりが足りないなぁ…誠実に生きてないなぁって。
自分では昔に比べ成長してるつもりだったけど、ジャン・バルジャンにはほど遠いよ。
「このミュージカルはあなたの人生を変える」というコピーは伊達じゃないと思う。
多くの人に影響を与えているからこそ、これだけ多くのリピーターがいるんだろうなぁ。


意外に小柄だった真綾チャンもホントに声がのびやかですごい存在感でした。CDとはまた違った魅力だったです。
ハムの人も、毎朝J-WAVEでは「大丈夫か?この人」と思ってはいたけどw、舞台の上では凄かったッス。

来年以降公演される際は、今度は山口“島津久光公”祐一郎さん版のジャン・バルジャンでまた観に行きたいなぁ。

« 「ガンダム30周年に一言」と言われても… | トップページ | マイケル・ジャクソン『THIS IS IT』2周目 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46710/46765213

この記事へのトラックバック一覧です: 人生初レミゼ:

« 「ガンダム30周年に一言」と言われても… | トップページ | マイケル・ジャクソン『THIS IS IT』2周目 »