Twitter

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« サークルOFF会 2009.10 | トップページ | 業務効率を上げるにはどうしたらいいと思いますか? »

マイケル・ジャクソン『THIS IS IT』を観た

全世界2週間限定公開中の『THIS IS IT』。今晩観てきました。

マイケルが亡くなって3ヶ月とちょっと経ち、その間追悼番組とか追悼本とかいろいろ目にしてるのですが、正直ずっとピンと来てませんでした。亡くなったのは事実なのだろうけども、あまりに存在が大きかった割にリハーサル中に急逝されたものだから、「死んだ」と聞かされても未だにピンと来ないというか....。

そういうわけでそのリハーサル中の模様が公開されるこの映画、個人的にホントに楽しみにしてたんです。

0001


これから観る方もいらっしゃると思うので、なるべくネタ晴れしないよう書きますが、ホントに素晴らしかったです!

2000年代に入って口パクで軽く体揺らして歌うだけだけのマイケルも目にしてたので、今回のツアー自体、失礼ながら今回の内容自体を自分疑ってました。ツアー発表記者会見でも「マイケルまだ踊れるの?」とご本人にさえ聞く失礼な記者までいたし(「なんでボクが踊れないなんて言うの?」とマイケル本人も不思議そうに返してましたが)。

でも映画冒頭でステージ演出プラン通りに“Wanna Be Startin Somethin”に我々の前に登場した彼は、
紛れもなくKING OF POPその人でしたhappy01

50才とは思えないくらい体のキレは戻ってるし、“Human Nature”のアカペラ熱唱を始めとして徹底してナマ声だし…
劇場の大画面の効果で、目の前でマイケルが歌ってるようにも思え、それからはもうず~っと魂もってかれっぱなしッス。


彼は生前バックステージでの自分の姿をなるべく人前に出さないようにしていたそうだし、映画でも出ている通り完璧主義者なので、こういうリハーサル中のメイキング映像が世間に出回ること自体、彼の本意ではないと思います。
でも僕らファンにとってはこの映画は彼からの最後のプレゼントのようにも見え、このツアーを(現役としての)ファイナル・カーテンコールとマイケルは語ってましたが、亡くなった今となっては、この映画が彼の人生そのもののファイナル・カーテンコールのようにさえ思えました。スキャンダルばかり続いた後半生だったけど、最後にマイケルはこんなに素晴らしいショーを遺そうとしていたなんて…think

そして演奏中の姿だけでなく、CDと全く同じ音に徹底的にこだわるプロとしての姿勢や、地球環境を思う優しさなど、彼の人となりさえ見られてとても有意義だったです。


マイミクのBONNIE PINKさん(笑)も「ダメだ、どうしてももう1回は見ないと気がすまない。」と日記に書かれてたのに大いに納得。再来週のアタマまでにもう1度、大画面でマイケルを「体験」してこようかと思っとります。

« サークルOFF会 2009.10 | トップページ | 業務効率を上げるにはどうしたらいいと思いますか? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サークルOFF会 2009.10 | トップページ | 業務効率を上げるにはどうしたらいいと思いますか? »