Twitter

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« サークルOFF会 2009.7 | トップページ | 「腹8分目を心掛けています」 »

Last Shooting!!

毎週水曜日が会社のノー残業デーってことも利用して、ここ3週間、新宿で劇場版ガンダム3部作を観てたのです。

で、今週が30周年記念上映の最終週。最高傑作である『ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編』の上映ってこともあり、先々週・先週以上にお客さんの入りも多かったです。ボクのような当時をよく知るアラフォー以上の世代はあまり多くなく、SEEDやOOからガンダムを知ったような10代・20代の客、それも女性1人やカップルが多かったです。

0002

あ、これ今回のイベント上映のパンフ。
30周年記念上映にあたっての富野監督のコメント文が読みどころ。
ファースト3部作だけでなくZや逆シャアもポスターに出てるってことは、そのうちこれらも再上映されるんだろうか...?

さて久々に観た『機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編』。

この映画、小学生6年生の春に吉祥寺の映画館で父親に連れられて観て以来もう何度観たか?忘れるくらい何度も観たけど、その時以来ぶりに劇場の大画面で観て、やっぱりいい映画だなぁと。

TV版から80%以上リニューアルされた映像も、一新されたサントラも、HDDリマスターにより28年以上前の映画とは思えない質でしたが、やっぱり『Ⅲ』は群像劇の終結点として素直に面白いです。
それに加えて新キャラでありヒロインのララァを登場させ「可能性を信じる人達の物語」として方向付けして清清しく完結させている点、「たかが玩具の販促アニメでは終われない!」という当時の富野監督の“志”が画面の向こうから見えてくるようです。

余談ですが。
自分「大事なのは“高いモチベーション”ではなく“高い志”」と最近仕事でもよく口にします。

平成ガンダムも一通り観てるし好きな作品も幾つかあるけど、どうしてもガンダム戦隊とか美少年キャラとか萌え要素とか映画化とかw、マーチャンダイジングありきの展開に「そこに志は何処まであるのか?」って気になるんです。
例えば00だって1stシーズンはとてもシリアスだったのに、最後は「ふしぎな粒子のおかげでみんな幸せになりましたとさ。じゃあ続きは映画で!」はねーだろうが!とww

その点、原点である本作を観て「あぁこのスタッフ&キャスト達は、限られた時間の中で、ホントにいい仕事をしたんだなぁ」と思ったのです。

ただZ以降の「ガンダムシリーズ」があったお陰で、こうして30年後も大画面で上映されて若いファンを増やせたり、お台場に1/1 RX-78が大地に立ったりするわけだから、決して否定してはいないッスけどね。

さて『めぐりあい宇宙編』終映後、「可能性の獣」のテロップと共に『ガンダムユニコーン』の特報が...。
先ほど観たばかりのソロモンでの赤ん坊時代のミネバが、今度は17年後にヒロインとして活躍するのだから、見事に話が繋がってたです。


追.最近仕事のケータイを換えたのですが、昨晩からこれがソーラ・システムに見えて仕方がないw

0001


« サークルOFF会 2009.7 | トップページ | 「腹8分目を心掛けています」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46710/45685815

この記事へのトラックバック一覧です: Last Shooting!!:

« サークルOFF会 2009.7 | トップページ | 「腹8分目を心掛けています」 »