Twitter

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 現状復帰しつつ… | トップページ | (like) Merry-Go-Round! »

『ワルキューレ』観てきた

映画には登場しないけど、観終わってようやく完成させたくなった、タミヤのⅡ号戦車A~C型。

0001_2

前にも書きましたがボクは「トム・ハンクスかトム・クルーズが主演の映画はハズレを引く確立が低い」という、変な映画選定ルールを持ってます。彼らは米国民が自分に求めるブランド・イメージをよく理解して出演作を選んでるし、同クラスのスターに比べあまり“冒険”することも少ないので。
ただそれでもここ数年は二人とも「キャリア的にこういうこともやりたかったのかなぁ...」と思わせる凡作もあり、ょっとだけ事前情報収集が必要ですが(笑)。

今回の『ワルキューレ』についても、TVで宣伝されているような、いかにもトム・クルーズらしいアクション&サスペンスを期待して劇場に行くなら、ちょっと待って!と言いたい映画でした。

この映画、もの凄く真面目&重厚な歴史群像劇です。

ハリウッド映画なので「ドイツ軍が英語を喋る」ということ自体に最初は抵抗感じるだろうなぁと思ってたんですが、タイトルもトム・クルーズ演じるシュタウフェンブルク大佐の独白や日記も最初は全てドイツ語で綴られ、それが英語に翻訳されたように英語台詞にクロスフェードして切り替わるので、特に違和感感じませんでした。

ただこの映画で描かれたヒットラー暗殺計画自体、日本人には馴染み深い話ではありませんが、ヒットラーの最期はベルリンでの自殺だったことくらいは世界史の教科書にも載ってるわけで。

つまりこの映画が「悲劇」で終わることは最初から判ってることであり、その悲劇もアメリカン・ニューシネマみたいにカラっと描いているのでもなく、とにかく事実に忠実に、冒頭の北アフリカ戦線から事件の集結までドキュメントタッチで重厚に描いてるので、こういう歴史モノやWWⅡにあまり詳しくない人が観るとちょっと疲れるだろうなぁと思うです。

自分もこの事件を殆ど知らず、観終わって「そういえば終戦の前年くらいにヒットラーが爆殺されかけて、以来極端な人間不信になったという話を本で読んだけど、これがその話だったのか~」とようやく気付いたくらいでしたが、事件の実像が知りたくなって、帰宅後インターネットのヤホー...ではなく(笑)Wikipediaで調べてました。

例えばココココの写真を観ても判るように、主人公のシュタウフェンベルク大佐自身トム・クルーズが演じても全く違和感のないイケメンなヒトで、ドイツ国内では小学生以上は知らない人がいないというほど有名だそうですし、最大最後のナチ抵抗運動として、通りの名になったり切手になったりと今でも英雄的に扱われてる人物だということがよく判りました。
ユダヤ人であるブライアン・シンガーも、そんな彼への賞賛の気持ちから、いろいろ問題のある題材ながら映画化に踏み切ったんだろうと想像します。

ただせっかく正義感に溢れたイメージのトム・クルーズが主演しているのに、事件の文脈が僕ら日本人にはやっぱり情報不足なんですヨ。

配給会社側もそれを感じてか?日本公開版のみ事前にテキストでの背景説明があるものの、何故シュタウフェンブルクが冒頭からナチスに義憤を感じており何故家族を危険に巻き込んでまで決行しようとするのか?イマイチ感情移入出来ないまま、淡々と事件の顛末を追ってるしかない。
何故本作戦が目論見通りの結果にならなかったのか?も、ココで詳しく説明していたのでようやく判ったけど、映画はあくまで実行者側視点で進行するのでよく判らない...。

コレ日本で言えば『忠臣蔵』みたいなものだと思うんですが、12月14日の討ち入りシーンだけ観せられてるような印象なのです。

なのでこういう歴史再現モノが好きな方は是非劇場で!そうでもない方は是非レンタルで!って思います。


余談ながらボクはミリタニー「マニア」ではないと自分では思ってますがw、冒頭の北アフリカ戦線で登場するⅣ号戦車やSd.kfz.222やキューベルワーゲンとか、暗殺作戦で活躍するユンカースJu52とか、アームバンドにも拘っている軍服とか、ちょっと写真と雰囲気似てるヒムラー&ゲッペルス&ゲーリングとか、ハリウッド作品ながら結構ディティール細かいので、AFVな方やドイツ軍好きな方は楽しめると思うですヨ。

「通りすがりの仮面ライダー道交法違反で逮捕」
今日の555編は、井上脚本版というか本編の方がずっといいと思うけど。
でもスネークオルフェノクの中の人がシンケンジャーのライバルとして登場してきたのに期待(まだ声だけだけど)。


00、いよいよ最終回ッスね。それにしても放送終了後に発表の大ネタって何だろう…最近MGに旬ネタないので、普通に考えればMGエクシアかなぁ?とも思うのだが。

« 現状復帰しつつ… | トップページ | (like) Merry-Go-Round! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46710/44447543

この記事へのトラックバック一覧です: 『ワルキューレ』観てきた:

« 現状復帰しつつ… | トップページ | (like) Merry-Go-Round! »