Twitter

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 年越しモデリング中 | トップページ | 今年の初夢は… »

今年も宜しくお願いします

新年あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。


さて「今年の抱負」とか言えるほど大したこと考えてないのですけど、自分自身の整理までに少々書かせて下さい。

まず前提として、(自分で言ってて信じられないけど)今年の8月で40歳になるんですよ。
え!?40歳?アラフォー?…正直言って全然実感ないです。
「40歳」って、三船敏郎さんが『用心棒』『椿三十郎』のなかで「もうすぐ四十郎だがな」って渋~く言ってるイメージしかなく、また父親を45歳で亡くしているだけに、僕みたいな見た目も中身も年齢不詳な奴がなっていいものかい?と思えるくらい実感ないです。

ただ、今年はちゃんと自分の年齢にもちゃんと向き合って、仕事でも家庭でも趣味でも、腹を据えて成長していきたいと想っています。


昨年J-Waveのある番組に小泉今日子さんが出てて、その中で「“アラフォー”とか呼ばれるのは好きじゃないんですよね、
なんか現実から逃げて今を楽しんでいない気がして…」と言ってたのが妙に胸に残ってまして。

例えば昨年急に「ワークライフバランス」という言葉もマスコミで大きく取り上げられたけど、あの言葉って「仕事は中途半端で、
家庭や趣味の時間を充実させましょう」という意味じゃないですよね。「仕事の時間をなるべく効率化させて自分の時間を多くとりましょう」といった内容のビジネス本が昨年多数ベストセラーになりましたが、仕事も自分自身を成長させる機会であって、何処かを“心ここに有らず”の状態にするのって、少しズれている気がしています。

去年の自分がまさにそうで、現在の業務内容やあまり頼りにならない上司や同僚とかに「逃げ」を作ってて、自分の時間に没頭している、まさにStand Alone Complex状態(笑)が多かったんです。
ただ、昨年春の仕事やそこでのたくさんの出会いから、自分も少しづつ上記のようなことを思うようになりました。

昨年から僕はあるプロジェクトのリーダーをしているんですけど、
「上司が頼りなければ、上司もManageすればいい」
「年上の同僚が使えなければ、同僚達も優しく教育してばいい」
…くらい腹を据えて、今年は意識してコントロールしていきたいと想っています。
世界を変えたきゃ、自分が変われ」って台詞が昨年あるドラマであったんですけど、まさに今そういう面持ちです。

昨年ベストセラーになった『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす』にリンクされた、
ストレングス・ファウンダーのWebテストによると、僕の特徴的な資質は以下の5つでした。

1. Maximizer  最上志向
2. Indivualization 個別化
3. Strategic  戦略性
4. Ideation  着想
5. Relator  親密性

自分でも「あると思います!」。上司にも見せたところ、かなり当たっているようです。

今年は、あらゆる面でこの5つの強みを活かすことを意識しながら、年齢にふさわしいオトナとして成長していきたいです。

あと、特に昨年後半よく体調崩したので、これも実年齢に向き合って(笑)意識してカラダ鍛えんといかんなぁって思ってます。
目指せ、特命係長!(ウソ)

趣味の方は…上記のとおりちょっとバランスとらなくちゃなぁと思ってますが、気付けば昨年全然スケールモデル完成させていないんです!常連だった某店が変わっちゃったり倒産しちゃったりといった理由はあるものの、これはマズいなぁと。
なので、ガンプラは今年ガンダム30周年だったり『ガンダム00』やってたりでモチベーション持続するものの、特にスケールモデルは意識して完成品増やさなきゃなぁって思ってます。


以上、mixiやリアルな場と分けることなく、たまにはこんなマジメなことも書いていきたかったので、サイトも変えてみました(笑)
今後とも宜しくお願い致します。

« 年越しモデリング中 | トップページ | 今年の初夢は… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46710/43595967

この記事へのトラックバック一覧です: 今年も宜しくお願いします:

« 年越しモデリング中 | トップページ | 今年の初夢は… »