Twitter

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

キツネリスが飼いたい。




コネタマ参加中: 飼えるものなら飼ってみたい動物は?

ナウシカの“テト”でしたっけ?あの健気な奴。同種の奴がラピュタに出てきた時、嬉しかったッス。


◆『仮面ライダーG』、「改造人間」とか「爆発をバックにバイクアクション」とか、既にいまの仮面ライダーは絶対やらないことをやってるのがなんか新鮮でしたが、怪人役の斬鬼さんに泣けた...。

◆『侍戦隊シンケンジャー』、面白そうじゃないッスか!個人的にデカレンジャー以来、久々に期待してるんですけど。
過去「忍者」戦隊は2つあったけど「侍」は初めてだし、龍騎や電王のメインライターの小林靖子さんが、タイムレンジャー以来久々にメインライターにかえってくるので、どんな独創的な作品になるか楽しみです。
あと戦隊シリーズって、ゴレンジャーの江戸川指令をはじめ、毎回必ずお目付役のベテラン俳優がいるかマスコットロボがいたりしますが、シンケンジャーの場合は格さんこと伊吹吾郎が演じるってのも今から楽しみです。

クレオス、メッキシルバー生産終了
正直自分のなかでは「最強」の存在だったので、結構打撃デカいです。
まだ2セットくらい持ってますが、見かけたら買っておかんとなぁ...。

タスカから2月にM4A4シャーマンが遂に出るなんて今日知った。一昨年ドラゴンのに苦戦した日々が夢のようだ。

銀河歌姫来宅

0001プロショップ限定のクリア版VF-25を予約していた喜屋さんから、バンダイのキャンペーン用シェリルのスコードロンデカール(痛バルキリーとか言うな! 笑)が入荷した旨ご連絡頂いてたので、会社帰りにさっそく引取ってきたです。

う~む...昨年秋のランカ版デカール以来待望のシェリル版デカールだし、先日のライブの高テンションのまま制作したいところだけど、せっかくザブングルとかボトムズとか渋い所に目が向いてるのになぁ...
でもこんな面倒なプラモ、モチベーション高い時期じゃないと完成させられないのも間違いないしなぁ...
明日また対応考えます(笑)。

◆May'n Act最終日、ゲストに“熱気バサラ”が...
昨日行った人たち羨ましス。『突撃ラブハート』聴きたかったなぁ...。DVDには収録されると嬉しいなぁ。

◆全国映画概況発表会見で、「仮面ライダー電王」新作発表?
以前ネットに出た『超・仮面ライダー電王&ディケイド』ってこのことだったのか...昨年春の「電キバ」で一応の成功が見られたので、今春も当然ライダー枠を用意してたんだろか??良太郎は連ドラ出演中なのでまた孫中心だとは思いますが、逆に言うとキバはそれだけ総じて業績低かったんだろうなぁ...。

ライ部活動

昨晩赤坂Blitzまで、May'n部長のファーストツアー“May'n act”に行ってきました。

客層、予想以上に広かったですよ。下は10代から上は50代くらい。カップルも目立ちました。

個人的にスタンディングのライブハウス形式自体久々で、一応コート&鞄は会場のロッカーに避難させたものの、なるべく若い子達の波に巻き込まれないよう「俺は音楽を楽しみに来たんだゼ」ってな感じで壁際に寄りかかりながら開演までビール飲んでたんですよね。
で、お約束の1曲目「Welcome To My FanClub’s Night!」で彼女が登場した時は、僕もまだ冷静に観てたんですけど...。


冷静に観るつもりだったんですけど....

.

続きを読む "ライ部活動" »

ドラマ化してほしいマンガはどれ?ってったら…




コネタマ参加中: ドラマ化してほしいマンガはどれ?


個人的にはジャンプで連載されていた『花の慶次 -雲のかなたに-』だなぁ。

時代劇だけど、大河ドラマ『天地人』で直江兼次が脚光を浴びているし、この漫画の主人公の前田慶次郎自身『天地人』後半に登場が予定されているだけに、映像化するなら今!だと思うんだけどなぁ...。
パチンコ化もされているくらいなので認知度も高いんだろうし。

原作小説『一夢庵風流記』で描かれた朝鮮出兵についても、漫画版では海外諸国に配慮して琉球国に舞台が変更されているので、海外マーケットへの展開も期待出来るし。

で、民放制作よりも、NHK正月時代劇とか映画化とかして豪勢に映像化してもらいたいッス。CGIも進化しているから、原哲夫先生の作画らしいパースのついたアクションシーンや巨大な“松風”も十分再現出来るんじゃないかと。

ただ問題なのは、主役の慶次郎を演じられるような、背丈も懐もでっかい俳優さんがなかなかいないことで...(笑)
岩兵衛は高山善廣だなぁ、利沙は北川景子chanが似合うなぁ...とか、脇役は思い浮かぶんだけど。


大河ドラマ『天地人』で長澤まさみ演じる役設定が急遽変更
「長澤まさみchan、相変わらず(いい意味で)色気あるなぁ」と日曜も『天地人』観ながら思ってました。
原作でもそういう役ではあるものの、この人には戦後のスター女優さんのような華があると思うです。

「ルパン三世VSコナン」史上初の夢対決!
銭形のとっつぁんが一番好きなので、「ルパンVSコナン」より「銭形VS江戸川」のオバカ掛け合いの方が楽しみだ。

米俳優B・ピットとA・ジョリー、子連れで来日
あぁやっぱり...。ソフトバンクの“お父さん”が「おいブラピ、たまには日本に来い!」って正月明けから言ってたのは、ブラピのキャンペーン来日をブッキングしている映画配給会社がソフトバンクに提案した、タイアップキャンペーンなんだろうと経験上(笑)読んでました。記者会見とかに絶対現れると思うぜ、“お父さん”。

セレンデピティ

たまにはちょっと真面目なこと書きます。

最近、この不況下なのに人のご縁を感じることが多いです。

10年以上も前から仕事仲間だった某広告代理店の友人と再会して遅くまで飲んだり、

昨年なくなった先輩社員の49日を偲んで旧職場の同窓会の幹事を務めたり、

以前ここに記載したお店の関係者の方に暖かいコメント頂戴したり、

20年前の高校の同級生とmixiで再会して同窓会の企画が始まったり...。


なんなんだろ?この連続は...と思うくらい、そういう偶然から来る幸福感が重なってます。
茂木先生流に言うと「セレンデピティ」って奴だな(笑)

前に読んだ『起きていることは全て正しい』でも書かれていたとおり、
ちょっとした心がけ等が積み重なった結果ではあるんだろうけど、
やっぱり今年はイケそうな気がする~♪

昨日、テツになりました

正確には、テツのヒトが行くお店に初めて入っただけなのですが...

昨日初めて鉄道模型専門店なるお店に行ってきました。

あぁ~緊張した。エレベーター開いたらいきなりNゲージ走ってて。

貼線用にナイロンテグスを買いに釣具店に行くこともあるんですが、
自分が全く無知なジャンル?のマニアなお店に入るのって、すごく緊張せんですか?
お店のヒトや常連さんが話している単語が全く判らないので、英語通じない国に一人で海外旅行行くような緊張感、ないッスか?「あ~数年前に神保町時代のオリオンモデルズに行くまでは、オイラ戦車模型についてもこんな緊張感抱いてたなぁ」とか思い出しちゃいました(笑)

何故鉄道模型屋に行ったかというとですね、発端はやっぱりまだダラダラとイジってる1/100トラッド11でして。
塗装に入る前にどうしてもやりたいことがありまして...。

以前モデルグラフィックス誌のザブングル特集で紹介されていた、鉄道模型用のロストワックス製法での真鍮製パーツを使用した、ディティールUp方法を自分でも実践してみたかったのです。

0001

というわけで単価安いパーツを中心に、ヘッドライトとかクーラーの室外機とか意味不明?なモノまで、カタチが気に入ったモノを選んで買ってきました。デザインがウォーカーマシンに似合うことが前提なので、選んだバックミラーは新潟交通専用のモノらしいです(笑)。
でもロストワックスならではの精密さで、カーモデルにもAFVにもAIRモデルにもない、鉄道模型ならではの「生活感」があって気に入ってます。ウォーカーマシンって、どうしても中学生当時から高荷画伯の絵のイメージで刷り込まれてるので、リアルな模型を作りたい!と思った場合、鉄道模型用パーツを使うってのは有りだ!と思うです。

で、別途洗浄していたチェコのCMK製の1/72 AFV用のレジン製ストレージパーツ等と共に、今週じゃらじゃら積むことにします。オープントップの小型機なので、トラッド11ではあまり活用出来ないけどね。


追.『仮面ライダーディケイド』始まりましたネ。
マニア的にはツボ満載で(個人的にはオートバジンが大活躍してたのが嬉しかったり)、Webでの評判もいいみたいですが、昭和ライダー世代の僕としては、なんかもう「仮面ライダー」とか「石ノ森ヒーロー」っていうブランド・アイデンティティさえ崩壊している気がする...。

パラレルワールドという設定自体、所詮マーチャンダイジングのための詭弁であって、「世界の崩壊を防ぐ」とか「破壊なしに創造なし」とかマクロなことばかり言って「(身近な)誰々を守りたい」といったミクロな視点が皆無な、自分都合のTVヒーローを観て育つ子供って、人格形成上不幸なことだよなぁと思うです。
その点、最近のウルトラは上記のようなバランスをよく保ててたなぁ...。

とりあえず僕はライダーは、『仮面ライダーSPIRITS』が続いてくれればそれでいいや~。

『ペールゼンファイルズ前夜祭』行ってきた

週末殆ど爆睡&まだ疲れ残ってますが、怒涛のスケジュールからも無事生還しています。
以下『感染列島』初日と共に2回に分けてご報告まで。

0001


当日の流れはこんな感じです。
・24時~ トークショー
・25時50分~ 劇場版「ペールゼン・ファイルズ(以下PF)」上映
・28時過ぎ~ TV版第1話+OVA「野望のルーツ」上映
・29時30分 上映終了

続きを読む "『ペールゼンファイルズ前夜祭』行ってきた" »

朝路マイラブ

仕事で大手町・日経ホールにセミナーに行く用があったので、久々にJAビルB1の洋食屋さん「朝路」でランチしました。
0001

ここのウニ&イカ&ノリのパスタは絶品なのです!大手町で働いてたのは10年近く前でしたが、相変わらず濃厚ながら食べ飽きない味でした。オススメです。

さてこれから改装なった新宿ピカデリーまで、装甲騎兵ボトムズの劇場版ペールゼンファイルズ公開記念オールナイト前夜祭に行ってきます。夜中12時から明け方5時30分まで、高橋監督&キリコ役の郷田ほづみさんのトークショーを挟みながらひたすら大画面でボトムズ観賞!しかも翌朝は有楽町まで移動し、『感染列島』初日舞台挨拶を観てくる予定です。

いやぁ~20代&一人暮らしの時は映画のハシゴなんてザラにやってましたが、30代が終わろうとしているなか、オールナイトイベント+朝一番のハシゴなんて無茶は勿論初めてです(笑) 大丈夫か?俺...

「惑星ゾラと呼ばれている地球。 しかし、人々はゾラという名前を忘れて久しい」

82年のアニメ『戦闘メカ ザブングル』の舞台・惑星ゾラは、天変地異後の荒廃した未来の地球。
海が干上がり大地が乾燥した、過酷な環境です。

このトラッド11は、採掘・建設・戦闘などシビリアンの日常のあらゆる場で、汎用的に使われる小型ウォーカーマシン(WM)なので、間接部分に砂塵が入っちゃうような不用意な運用はしていないと思うのです。WM自体、支配者階級のイノセントから与えられた貴重な機器なので、なるべくメンテナンスの負荷も少なく出来るよう配慮されているんだろうか?と。

0001

というわけで、基本素組みのトラッド11ですが、ポーズを固定し、マジックスカルプで間接部分のカバーを自作してみました。もう気分はソフトスキン車両だっ!
1/100の小型WMはギャロップタイプとクラブタイプはこのようなシーリング用のカバーパーツも付属しているんですけど、この第1弾のトラッド11には無かったんですよね。
あとこのキットにはポリキャップがなく、中学生時代に作った奴はすぐヘタって両腕が垂れ下がった憶えがあるので、それを避ける意味でも今回間接固定しちゃいました。

加工に使ったのは、今日届いた『かぜよみ』の下にあるコレ。
世界堂で以前購入したインレタ転写用の名称不明の道具と爪楊枝です。
この謎の棒(笑)の両端に付いた大小の金属球で大雑把に丸いテクスチャーを作り、その後爪楊枝で強弱つけながらシワにしていきました(金属地はエポパテが付着し易いので、事前に離型剤代わりにメンタム塗ってます)。

Mak.本の横山センセの作例を参考にしながら、1時間ほどでなんとかカタチにしてみたです。
余談ですがこのインレタ転写用のツール、ガンダムデカール等ドライデカールの転写に重宝するので、1本あると便利ですヨ。

こうやって惑星ゾラのこと書いてて思ったんですけど、あんなに直射日光が強いなかで運用するんだから、WMの塗装って古い機体であればあるほど、かなり退色している可能性あるよなぁ...。塗装する時、忘れないようにしないと。


Decade 仮面ライダーディケイド、いよいよ再来週からですね。ダメキャラな威吹鬼サンとザビーさんがライオトルーパー引き連れている段階で「ヤバい」気がする(笑)

テレビ朝日開局50周年記念番組でSMAPの稲垣吾郎が「仮面ライダー」に!
こんな所にもディケイド番宣。平成ライダーシリーズと同じスタッフが作るだけに、オモシロそうッスね。


「ネットが情報源」テレ朝番組、実はスタッフがブログ自作
この番組、ちょうどオンタイムで家族で観てたので、今朝この報道を知って驚いたです。
「いやぁ~(自分とは違い)学術的なこと書いてるヒトもいるんだなぁ」くらいにしか思ってなかったんですが(笑)

フェラーリF1、「F60」を公式発表
フロントウイング低っ!サスペンション細っ!
コースアウトしたり接触したりしたら昨年以上におシャカになりそうな...今年こそマッサに優勝してもらいたいんですけど、大丈夫か?フェラーリ...。

休園テーマパークに戦艦三笠を復元
三笠ってこんな色だったの?という気はするけど、在庫のハセガワ1/350三笠の制作モチベーション向上にもなるのでコレ観に行きたいです。

ディズニーパクった遊園地・ついにオリジナルキャラ作る
オリジナルなのはいいが、何故こんなに怖いキャラですか...。

サークルOFF 09/01

年明け一発目のOFF会。引き続きトラッド11組んで、ようやくカタチにはなりました。

0001

さすがに26年も前のキット。もの凄くいいキットなのですが、手足は当然のように中央でモナカ割りなので、パーティングラインを消すだけでも一苦労でした。
でも1/100のウォーカーマシンシリーズはやっぱり雰囲気があってカッコよか思います。


全然関係ないけど明後日でマイケル・ブレッカーの三回忌なんですね…。
第1回東京JAZZで生前の彼の演奏を生で聴けたことはいい想い出ですが、その存在の大きさに反し急に我々の前から消えてしまったので、三回忌ということが未だ信じられない思いです。

前厄だなんて先週知った

先週初詣先の地元神社の貼り紙を見るまで、今年夫婦揃って「前厄」だとは知りませんでした(笑)

というわけで遅ればせながら、夫婦で厄除け参り。厄除け参りといえば高幡不動尊って、子供の頃から決まってます。

で、お参り済ませて、境内にひっそり立つ土方さんとも会ってきました。相変わらずカッコよすです。

0001

明日はサークルのOFF会。先月のOFF会から自分なかなか模型触る時間持てずにいたんですが、とりあえず引き続きトラッド11を中心に、久々に集中出来そうかなぁ...。

「ヒビキ、残ってます。」

昨日お義母さんも無事熊本にお帰りになり、今日からようやく通常営業。
水曜はノー残業デーなので、引き続き1/100 トラッド11など模型イジってました。

0001

一昨日書いた会社のセブンイレブンのペットボトル棚に特定ライダーだけが余ってる件ですが、
今日遂に1列響鬼さんだけが並んでるという悲しい現実が…なんか、可哀想なので1人連れてきました。

でもこんなマスコットが付いてても…そりゃ子供は欲しがらんわな(笑)


ディケイドの武器にされちゃうのは困ったモノですが、夏の劇場版とかで再び本物の響鬼サン観たいなぁと思う今日この頃。


全然関係ないのですが先日『Wall・E ウォーリー』を観た時、ウォーリーの起動音が少し前のMacと同じ音なのがず~っと気になってまして。「PCユーザーに親しみを与える」とか「わざと現代の音を入れて“700年前のメカ”というリアリティを持たせる」とかいろいろ理由があるんでしょうけど、考えてみたらPIXERのボスってスティーブ・ジョブズなんですよね。
「あぁ、そんなことか!」って一人納得したです。

The way it is

Bruce Hornsby & The Rangeの86年の名曲「The Way It Is」が急にどうしても聴きたくなって、昨日CDからダビングして
今朝通勤時にiPodで聴いたんですけど、この曲、いまこの時期に聴くとハマりすぎてシャレになりません…。
派遣村に失言をした政治家が昨日朝からずっと報道されてましたが、なんか急にどうしたんだろ??ってくらい、
この歌がよくハマって怖くなります。

ちなみにこんな歌詞です。

Standing in line marking time-

Waiting for the welfare dime

'Cause they can't buy a job

The man in the silk suit hurries by

As he catches the poor ladies' eyes

Just for fun he says "get a job"


That's just the way it is

Some things will never change


That's just the way it is

But don't you believe them


わずかな生活保護をもらうために列に並んで時間をつぶす

だって仕事は買うことができないから

シルクのスーツを着た男が足早に通り過ぎる

貧しそうな老婦人と目が合い彼は吐き捨てた

「仕事しなよ」


そんなもんさ

きっと何も変わらない

そんなもんなんだ

それでも奴らを信じるのかい?

こんな歌が高校生時代から好きだった僕も僕ですが、曲は美しいので大好きなのになぁ…
PVもまた暗いんですけどYouTube探しても出てきません。今度小林克也サンにリクエストしてみるか。

「あぁ、ねむた~い」

…っていつも最後にいう、なすび被ったあらびきパフォーマーのヒトのマネを思わずしてしまうくらい、眠いです。
今日から仕事始め。休み中いつも頭の片隅で仕事のことが気になってたものの、やっぱり朝早く起きるのは辛かです。

今日社内のセブンイレブンに行ったら、飲料コーナーに平成仮面ライダー達のデフォルメ・フィギュアがズラ~っと並んでまして。
「あ、そういやぁ“セブンイレブン 平成仮面ライダーフェア”って、キバでCMやってたなぁ」と思い出したんですが、棚に並んでるライダーが響鬼サンや剣ばっかりなのに涙(笑)

0001

そりゃ響鬼サン2頭身になっても全然愛嬌ないけどサ、僕は今でも一番好きなのになぁ...。
未だにSIC展会場限定の、本物同様のマジョーラカラーのSIC響鬼サン、部屋に大事に持ってるし。

余談ですが、歳のせいなのか知らないけど、一言メッセージもない「プリンターで印刷したまま」の年賀状を
ここ数年で目にすることが多いのは何故だろう??

僕宛てに書くことないから?一言書く時間もない“働き盛り”だから?

仕事でマナーや礼儀作法に触れる機会があるからだろうけど、なんか気になるんですよね…あの出す意味もない年賀状達。

中日・落合監督がガンダムからマクロスFに浮気、「これ面白いな。歌もいい」(東スポ)

ス、スゲェ話ですが、そもそもガンダムNGなのにマクロスはOKなんですか(笑)

ジム初め

正月の暴飲暴食でカラダがだいぶナマってたので、年始営業開始したジムまで運動初めしてきました。
同じようなこと考えてる人ばかりだからか?すげぇ混んでたです(笑)

ジムではステアマスター踏みながら、年末購入した「F1モデリング」の最新号読んでました。

0001

2008年度後半戦の各チームのマシンのクローズアップが中心ですが、フジミからキットされた641/2とハセガワからキット化された312T2の小特集が掲載されてるので、両キットを持ってる自分には必須資料なのです。


大河ドラマ『天地人』、あまり期待してなかったけど、観終わったら「これぞ、大河だ!」と興奮してる俺がいる(笑)
一部のキャストはやっぱり若いという印象は拭えなかったですが、昨年は“ホームドラマ”だと思ってる自分は、大島ミチルさんのオープニング曲含め、こういう骨太な創りこそやっぱり自分が小学生の時から観てた「大河ドラマ」だなぁという気がします。

実は自分、学生時代に春日山城も米沢も詣でたことのあるほどの上杉ファンなのですが、今日このドラマ観るまですっかり忘れとりました(笑)一昨年のGacktがキャラ的にかなりキてただけに、同じ人物を阿部寛が、まるで『花の慶次』から抜け出たかのような原哲夫先生顔でマッチョに演じてるのはかなりおかしかったですが、兼続から見れば憧れの存在なのですから、あれくらいヒロイックな謙信公の方がいいんだろうなぁと思うです。

初春花形歌舞伎

せっかくお義母さんが正月に東京にいらっしゃってるので「なにか東京らしいお正月を」と思い、
家族で新橋演舞場まで『初春花形歌舞伎』初日を観に行ってきました。

0001

いやぁ~面白かった。能『翁』ベースの舞あり、新春挨拶口上あり、長編お芝居(義経千本桜)あり、
清元舞踊ありと、4時間以上の長丁場でしたがバラエティに富んでいて楽しめました。
最近TVをつけても似たようなお笑い&バラエティ番組ばかりなので、
日本のお正月らしいお正月を過ごせた気がします。
毎年お正月に歌舞伎観るっていうライフスタイル、いいなぁ~♪


またナマ海老様を観るのは初めてでしたが、颯爽としたオーラがあり、あぁスターだなぁと。
今回新年挨拶口上で市川團十郎家家伝の「にらみ」をナマで観られたのですが、これを観ると一年中風邪ひかないそうなので、去年風邪ひいてばっかりいた僕には底抜けにイイ縁起モノでした(笑)


で、午前中から出かけてたので箱根駅伝の結果が気になってたのですが、母校がシード落ちしてなくて一安心…。
正月2・3日くらいしか母校の名をTVで目にしないくらい地味~な陸上校ですが、昨年末「エースが抜けて今年はヤバそうだぞ」と会社で大学の先輩に聞いてたので、あの予備選の過酷さを思うとちょっと心配だったんですよね。

今年の初夢は…

母が長崎に帰省するので昨晩から預かっている実家のネコさん(メル。スコティッシュフォールド。♂)に2度も起こされて、
結局何の夢だったか憶えてません…。
黒澤明監督のような突飛な夢ではなかったのは確かだけど、なんか仕事してたような気がするなぁ…

さて引き続き1/100 トラッド11。
83年当時の廉価キットなので当然ポリキャップレス。なので組むだけでも遅いです(笑)
勢いで作ってるので接着→乾燥させて接合線消し→挟み込んで接着…の繰り返しです。
明日には組み終えて、ようやくお楽しみのディティール追加工作に入ります。

0001

今年も宜しくお願いします

新年あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。


さて「今年の抱負」とか言えるほど大したこと考えてないのですけど、自分自身の整理までに少々書かせて下さい。

まず前提として、(自分で言ってて信じられないけど)今年の8月で40歳になるんですよ。
え!?40歳?アラフォー?…正直言って全然実感ないです。
「40歳」って、三船敏郎さんが『用心棒』『椿三十郎』のなかで「もうすぐ四十郎だがな」って渋~く言ってるイメージしかなく、また父親を45歳で亡くしているだけに、僕みたいな見た目も中身も年齢不詳な奴がなっていいものかい?と思えるくらい実感ないです。

ただ、今年はちゃんと自分の年齢にもちゃんと向き合って、仕事でも家庭でも趣味でも、腹を据えて成長していきたいと想っています。


昨年J-Waveのある番組に小泉今日子さんが出てて、その中で「“アラフォー”とか呼ばれるのは好きじゃないんですよね、
なんか現実から逃げて今を楽しんでいない気がして…」と言ってたのが妙に胸に残ってまして。

例えば昨年急に「ワークライフバランス」という言葉もマスコミで大きく取り上げられたけど、あの言葉って「仕事は中途半端で、
家庭や趣味の時間を充実させましょう」という意味じゃないですよね。「仕事の時間をなるべく効率化させて自分の時間を多くとりましょう」といった内容のビジネス本が昨年多数ベストセラーになりましたが、仕事も自分自身を成長させる機会であって、何処かを“心ここに有らず”の状態にするのって、少しズれている気がしています。

去年の自分がまさにそうで、現在の業務内容やあまり頼りにならない上司や同僚とかに「逃げ」を作ってて、自分の時間に没頭している、まさにStand Alone Complex状態(笑)が多かったんです。
ただ、昨年春の仕事やそこでのたくさんの出会いから、自分も少しづつ上記のようなことを思うようになりました。

昨年から僕はあるプロジェクトのリーダーをしているんですけど、
「上司が頼りなければ、上司もManageすればいい」
「年上の同僚が使えなければ、同僚達も優しく教育してばいい」
…くらい腹を据えて、今年は意識してコントロールしていきたいと想っています。
世界を変えたきゃ、自分が変われ」って台詞が昨年あるドラマであったんですけど、まさに今そういう面持ちです。

昨年ベストセラーになった『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす』にリンクされた、
ストレングス・ファウンダーのWebテストによると、僕の特徴的な資質は以下の5つでした。

1. Maximizer  最上志向
2. Indivualization 個別化
3. Strategic  戦略性
4. Ideation  着想
5. Relator  親密性

自分でも「あると思います!」。上司にも見せたところ、かなり当たっているようです。

今年は、あらゆる面でこの5つの強みを活かすことを意識しながら、年齢にふさわしいオトナとして成長していきたいです。

あと、特に昨年後半よく体調崩したので、これも実年齢に向き合って(笑)意識してカラダ鍛えんといかんなぁって思ってます。
目指せ、特命係長!(ウソ)

趣味の方は…上記のとおりちょっとバランスとらなくちゃなぁと思ってますが、気付けば昨年全然スケールモデル完成させていないんです!常連だった某店が変わっちゃったり倒産しちゃったりといった理由はあるものの、これはマズいなぁと。
なので、ガンプラは今年ガンダム30周年だったり『ガンダム00』やってたりでモチベーション持続するものの、特にスケールモデルは意識して完成品増やさなきゃなぁって思ってます。


以上、mixiやリアルな場と分けることなく、たまにはこんなマジメなことも書いていきたかったので、サイトも変えてみました(笑)
今後とも宜しくお願い致します。

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »